フランスベッドの特徴と評判

これまで様々な健康マットレスについてを書いてきましたが、実はあまり触れたことがなかったのが、フランスベッドですね。

私はなんとなく、フランスと何も関係がないのにも関わらずフランスベッドという名前を使って高級感のあるイメージを狙っているのがなんだか気にかかって、試したことがありませんでしたが、今回あるきっかけで試すことができたので買いていこうと思います。

フランスベッドとは?

24c2981b8c0f51fdcff9783e9a0874da8a76f77a

フランスベッドはもともと日本の自動車シート製造などを行っていた会社が、ベッド事業をおこしたことによって始まったメーカーです。もともとは双葉製作所という名前だったものが、フランスベッドという名前になったのはすでに1961年で、調べてみればずいぶん早くから国際的な視野をもった非常に先見性のある会社だったと言えますね。

現在は西新宿のランドマークとなっている、スクエアタワーにオフィスを持つ、日本を代表する寝具メーカーのひとつとなっています。

このメーカーは寝具のメーカーなので、例えばエアウィーブなどのように腰痛改善といったようなことを前面に謳っているわけではありませんが、しかし様々な種類の機能を持ったマットレスを作っているので、硬いものから柔らかいものまで、どんなもので手に入る。エアサスペンションなるモデルもあれば、エアウィーヴを内蔵した高通気マットレスもあります。

このフランスベッドは特にラインナップが広く「うちのマットレスの中から自分に合ったものを選んでくれ」という意味合いが強いメーカーだと言えますね。

普通、高級志向でブランディングをしているメーカーだとこういった多機能、多ラインナップな戦略はやりにくいですが、まあフランスベッドはなかなかうまくやっている。

個人的にはあまり多くのラインナップを展開しているベッドメーカーはあまり好きではありません。なぜなら「答えを持っている気がしない」からですね。硬いマットレスもあれば柔らかいマットレスもあり、身体の部分によって硬さの違うマットレスがあり、どれも「寝姿勢をサポート」と書かれていたりする。もちろん身体に合う硬さは人それぞれなのかもしれませんが、個人的には一つ、二つのラインナップに集中して開発と改良をしているメーカーの方が、一つ一つにかける意気込みを感じて好きなのはありますね。

このフランスベッドに関して言えば、売りは通気性なので硬さについてバリエーションがあるのは当然かもしれません。色々な構造のものがあるのは、大きいベッドメーカーならではでしょう。

お洒落な雰囲気というよりは老舗の雰囲気のあるロゴやウェブサイトで、日本製に説得力を持たせています。フランスベッドと言う名称ながら、「日本の高温多湿な気候に合ったマットレスは、日本製の日本のために作られたマットレスを」といった具合で勝負しています。

 フランスベッドの寝心地は?

woman-sleeping-naked-white-towel

さて、それでは気になるフランスベッドの寝心地はどうなんでしょう。これに関しては、特にシリーズによりますが、非常に高級感があり良いと思います。私が試した物はわりとスプリングが硬めのもので、非常にしっかりとした寝心地でした。

普段健康マットレスについて話をしていますが、やはり寝心地を追求したマットレスにはそれなりの良さがありますね。シモンズなどに比べても重厚感がある生地とスプリングで、身体が沈んでしまうような感覚はなく、疲れ等も少ないのではないかと思います。

ただしこれは先ほども書きましたが、寝心地の感じはシリーズによる可能性も高い。例えばエアサスというシリーズであればもう少し柔らかいし、身体の部分によって硬さの変わるシリーズなんかは、体型によっては姿勢のバランスが崩れてしまったりすることもあります。もちろん体型によってはベストな姿勢になるかもしれません。

なのでフランスベッドを買う場合には、ネットなどで購入するよりも、実際に売っているところに行って、 実物を見て判断するのがおすすめですね。

フランスベッドは腰痛や肩こりに効くか?

Lower-Back-Pain

 

さて、フランスベッドを検討している皆さんの中には腰痛や肩こりに悩んでいて、それの対策として検討している人も少なくないと思います。それでは、フランスベッドは腰痛や肩こりに効果があるのでしょうか。

私の意見としてフランスベッドは「積極的に腰痛や肩こりを改善するのには向かないが、悪化させるようなことはない良質なマットレス」だと思います。

例えば私が愛用しているマットレスの中でも、最高峰の健康マットレスであるグラウディングマット。

screen grounding mat

これは独自開発の芯材とマットレス自体が国から特許認定を受けている健康マットレスですね。独自芯材は体幹部矯正誘導用芯材という名前がついており、文字通り身体の芯となる体幹を正しい位置へと誘導する芯材です。

眠っている間に身体の循環を良くし、さらに睡眠中に正しい寝姿勢を維持することによって、身体の自然治癒力を生かしたコンディショニングを行うマットレスですね。

かなり硬めのマットレスですが、その分寝返りは非常に楽ですし、何より自分の周りでも何人も腰痛が楽になったり、起きたときの肩こりや首の痛みが良くなったりしているので、それらの症状のために買うのであればやはり、こういった最高峰の健康マットレスが良いでしょう。

そこで先ほどのフランスベッドについてですが、フランスベッドにはそれほど積極的な機能はありません。なのでまだこれから症状を改善していきたい、というのであればやはりそれに向くマットレスを選んだ方が良いかもしれませんね。

しかしそうではなくて、マットレスに積極的な健康へのアプローチを求めておらず、単に良質な寝心地のマットレスが欲しい人には、流石日本を代表する寝具メーカーの一つだけありフランスベッドのマットレスは良いですね。

先ほど少し書いたグラウディングマットはしっとりと硬い寝心地で、横になると身体の力が抜けて全身が緩むような感じがします。フランスベッドはどちらかというと、眠気を誘うような反発力をもったマットレスです。

この辺りは福祉の現場などでも用いられており、素早く実践的なコンディショニング機能に特化した特許取得のグラウディングマットと、国産の良質マットレスとしての地位を築いているフランスベッドの目指すところ、理念の違いでしょう。

まあ例えていうのであれば、生粋の国産スポーツカーである日産GTRと、欧州の高級感を参考にしながら日本的なラグジュアリーを追求しているLEXUSのような関係でしょう。言うなれば日産GTRだっても高級感のある乗り心地でゆったりとした旅行を楽しむことができるし、逆にレクサスだってもある程度の走行性能は兼ね備えていて、サーキットで結果はでなくとも通常の道では安定して走れる。

同じように、福祉の現場で使われるような、健康に対する機能を追求したグラウディングマットも高級感のある寝心地を楽しめるし、フランスベッドも健康を維持するような寝姿勢のサポートはしてくれるということですね。

まあ、人によっては「レクサスを選ぶくらいならBMWに乗る」というかもしれない。確かにあの革シートは頂けないですし、デザインもちょっとというところはある。ベッドもフランスベッドまで行くのであれば輸入の良いものにしたい、という人もいるかもしれませんが、特にフランスベッドは値段が安めで作りがしっかりしたマットレスなので、変な輸入ものを中途半端な価格で買うよりは断然おすすめです。

個人的にはずっと腰痛に悩んでいたし、これから10年、20年先の健康のことを考えれば、グラウディングマットで良かったんじゃないかなとも思っていますが、このあたりは睡眠に何を求めるかによりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。